へたれゲーマーが日々のゲームの話を書き連ねているブログです。
現在、不定期投稿中です。

ジャンルは幅広く、おのれの興味つられるままに。

IMG_8757
switch「ルイージマンション3」をレビューします。

ご存知、緑の弟をいじめて楽しむ…もとい、ルイージを主人公としたホラーアドベンチャー第3作。
最近2のリマスターが発売されたばかりで時期を逸してる感は否めませんが、ちょうどよくカタチケが余っていたのでプレイ開始。

シリーズのライトホラー感を活かしつつ、マリオシリーズの構造をうまく生かした上質なテンポ感をはじめ、任天堂らしい丁寧な作品に仕上がっています。 




続きを読む

IMG_8720
怒首領蜂大往生臨廻転生」をレビューします。

2002年にACに登場し、その弾幕と難易度の高さで一種のカリスマ性を集めた弾幕系シューティング。
これまでも度々の家庭版および調整版は発売されてきましたが、今回はお得ツールや初心者向けモードの追加により、あまりにも高すぎるハードルを(比較的)抑えることに成功した一つの決定版といえます。


続きを読む

IMG_8661
switch「メトロイドプライム リマスタード」をレビューします。

先日のニンダイにて、長すぎる沈黙の果てついに続報が登場したプライム4。それに乗じて原点である本作のセールがきたので、ちょうどいい機会と思い購入しました。

結論から言うと、メトロイド本編以上に探索性や謎解きが非常に強く設計されており、「FPSゼルダ」とも言わんばかりの強烈な個性をもった亜種となっています。


続きを読む

申し訳ないのですが、現在仕事上のストレス諸々でメンタルが落ち込んで、執筆は愚かゲームそのものへの欲がだいぶ低減している状態です。

ゲームブロガーとして情け無い話ですが、しばらくの間更新頻度はだいぶ落ちてしまいそうです。
楽しみにしていただいているひとには申し訳ありません。

最近は馴染みのブロガーさんも事実上ていしだったり動画勢に移行している中、まだまだ頑張っていきたい所ですが、無理もできないですから…
残念な話ですが、今後ともよろしくお願いします。

IMG_8513
switch「ペーパーマリオRPG」をレビューします。

ペーパーマリオシリーズ、そしてマリオRPGの中でも屈指の人気を誇るGCの名作RPG、待望のリメイク。
全体的に大きな変化はないながら、原作そのものが持つ地力をうまく生かした正統派リメイクとなっています。

1stレビューはこちら。



続きを読む

IMG_8430
switch「ペーパーマリオRPG」を1stレビューします。

ペーパーマリオ第二作にして、マリオRPGとしてもGCのRPGとしても高い評価を受け続けている名作。なんとはや20年も経過してしまったという本作が、switch後期になってリメイクとなりました。

結論からいうと、リマスターと言っても差し支えないくらいに良い意味で「変わっていない」リメイクなので、今回はGC版からの「推し」としての紹介をしていきたいと思います。


続きを読む

IMG_8360
switch「スーパーマリオRPG」をレビューします。

はや30年ほどに昔のこと、任天堂×スクウェアという、当時からすれば(そして今としても)異例の『夢のタッグ』から生み出されたマリオRPGの始祖、のリメイク作品。

20年代の現代に即したアップデートを取り入れつつも、原作の味わいを活かした「忠実な」リメイクに仕上がっています。
続きを読む

IMG_8323
switch「なつもん!」を1stレビューします。

かつてソニーから発売されていた隠れた名作、「ぼくの夏休み」の精神的後継とも言えるゲーム。
しかし、オープンワールドの導入と自由度の高い体験もあって、原型とは全く違ったプレイスタイルに昇華されている作品でもあります。


続きを読む

IMG_8274
PS5「Balatro」を1stレビューします。

steam市場ではすでに話題になっていたポーカー✖️ローグライク。先んじてPS5には上陸していたのですが、中々遊ぶ機会に恵まれず、GWに向けてセールタイトルと一緒に購入しました。

結果、恐ろしいほどの中毒性に翻弄されています! 


続きを読む

IMG_8264
switch「エルシャダイ」を1stレビューします。

過剰なまでにインパクトがありすぎるPVによって、発売前に話題が過熱化し発売時には燃え尽きていたというあまりにも謎すぎる経緯を持つ、PS3時代最高峰の怪作。

名前は知っている、ゲームは知らない!」という、余りにも失礼なだが的を得たキャッチコピーのとおり、なかなか触れる機会に恵まれない作品でもありました。
今回のリマスターで自分も初めて触れたので、2時間ほどのプレイの感想を綴って行きたいと思います。

続きを読む

↑このページのトップヘ